トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  詩/詩集/詩誌  >  クロスオーバーマガジン 『もーあしび』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森山恵さんの新詩集『みどりの領分』(思潮社) | トップページへ戻る | いちカフェさん & 劇団一の会さん

このページのトップに戻る

クロスオーバーマガジン 『もーあしび』

2011年09月25日

モーアシビ 25号(最新号)は、いつにも増していい内容です。
「言葉の力」を信じる者に励みの光をもらいました。

☆ 呉生さとこさんの散文『花も実もあるウソを書け・・・昔度輪(ソクドリュン)先生のこと』では、書くものの“想を極めて『在り得なかったことを在りし如く』花も実もあるウッソを描け”と教えてくれました。嘆きを書くのではなくて、書くことで生かすのですね。そんな風に私も書いてみたいです。

☆ 大木潤子(福田純子)さんの散文『「蛍の毬、揺れて」連載終了にあたって 「モーアシビ」読者のみなさまへ』では、突然の連載終了のお知らせに驚きました。
 「蛍の毬、揺れて」は、東京で「化学物質過敏症」に「電磁波過敏症」を併発して重症化した主人公の「私」が、福島の美しい自然、「圏外」の山奥にある清浄な土地に滞在し、癒されていく体験をもとに小説を書かれていました。
 それが今回の震災、原発事故で、あの福島の美しい自然が汚染されてしまったことに、ショックと強い衝撃を受けられ、書くことを止めるのではなく、一日も早く全体を書き上げて、一冊の本として、何らかの形で出版したい、と、強く思われるようになられたとのことでした。
 大木潤子さんのお言葉に、私はとても勇気づけられました。ご紹介させてください。

 (モーアシビ『「蛍の毬、揺れて」連載終了にあたって
  「モーアシビ」読者のみなさまへ』福田純子 より引用)

 三月一一日を境に、日本は変わりました。
 三月一一日以前の安心安全な日本は、なくなってしまいました。
 三月一一日以前にあった、美しい自然に恵まれた豊かな福島も、全く違うものになってしまいました。

 けれど、言葉には、失われたものをそこに、現前させる力があります。
 言葉は、映像のない映画となり、時間と空間によって制約されない、いつ、どこにでも出現し、開演開始が可能な、魔法の劇場となることがでします。
 失われてしまったかつての福島を、言葉の力で蘇らせたい、かつての姿のままで、永遠に在らしめたい、という強い欲求に、私は駆られています。
    :
   (中略)
    :
 あの時私が、地上に化学物質が現れる以前に人が吸っていたのと同じ空気だと感動しながら吸った空気、あの時私が感じた福島のあたたかな力、あの時私が飲んだ湧き水の揺らぐ光と不思議な癒す力とを、言葉の力で、蘇らせたい。



 大木潤子さんの「蛍の毬、揺れて」が完成し、多くの人々に手渡され、多くの人々の前に、かつての福島の姿が蘇ることを、心から祈念いたします。

大木潤子さんのお言葉は、呉生さとこさんの書かれた昔度輪先生のお言葉にも響いて、胸が熱くなりました。

☆ 白鳥信也さんの詩『黒い水』は、被災地の東松島市で、復旧・復興業務のお仕事をされている白鳥さんが見たものを書かれています。津波に飲みこまれたここ。

 (モーアシビ『黒い水』より引用)

  黒い水は泥のなかに今も残っている
  泥土を踏みつける
  ヌチャッとする

白鳥さんの現代詩展が開催されます。ぜひ観に行きたい。

吉祥寺北町ストリート・ウィンドー展2011

 白鳥信也 現代詩展「みずのもちさったもの のこしたもの」

  10月1日(土)~30日(日)

 ギャラリー・ボンブラ(武蔵野市吉祥寺北町1-2-11)にて


☆ 北爪満喜さんの詩『上限の月』は、前回24号に続いて、月から降りてきたような、抜け出てきたような・・、私の中にある月から?ころがり出てきたイオの・・ お話。
ズレてしまう感じや、触れずに重なりあってくる感じが、淡く輪郭を光らせた月と重なって、静かに心へ満ちてきます。

☆ 松本真希さんの詩『いない』は、言葉をもたない空洞の私に思いを沿わせていてる。
きのうも、今日も、私はからっぽ。で、あしたも?とはてなを転がして終わるのがいいな。

☆ 川上亜紀さんの詩『湖へ行く道』もいい。湖に辿りつけないオトナの私はどこへともなく・・どこへ行こうねぇ。

その他にも多数の方が参加しています!
詩では、辻和人さん、李幸子(泥C 改め)さん、山人(浅井拓也)さん、
散文では、平井金司さん、ブリングルさん、江嶋弘二さん(新たに参加!)、大橋弘さん、
翻訳では、内山昭一さん。

私も24号から『ポエカフェへの道のり』を連載中。25号はその2『詩との出会い』です。
クロスオーバーマガジン『モーアシビ』(\500)は、中庭文庫でも販売中です。
また定期購読も受付けています。ご希望の方は発行人 白鳥信也さんまでお問合せください!
スポンサーサイト

森山恵さんの新詩集『みどりの領分』(思潮社) | トップページへ戻る | いちカフェさん & 劇団一の会さん

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。