トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  詩/詩集/詩誌  >  文芸アート誌『狼』19号

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中庭ムジカ ~nakaniwa-musica~ | トップページへ戻る | 『Love Songs vol.3 ― X'mas の奇跡』

このページのトップに戻る

文芸アート誌『狼』19号

2011年12月08日

光冨さんから文芸誌『狼』19号をいただきました。ありがとうございます!

幅広い書き手が、それぞれの作風で独自の言葉を発信していて、充実している詩誌です。楽しく読ませていただきました。
編集後記にある光冨さんの想いが、号毎に、よい書き手が集まり繋がっているように感じます。

私にとっては、お久しぶりの方や、お世話になってる方なども書かれていて、それぞれの方を思いながら、一つ一つ詩を読ませていただいて、文芸誌『狼』は懐かしい人たちから届いた手紙集のような感じでした。

文芸誌『狼』19号の執筆者(目次順)

・颯木あやこさん
 中庭にもお越しくださいました。お元気でしょうか?
 詩集『やさしい窓口』拝読。とても良い詩集でした。

・中村梨々さん
 「なかにわのそら一行詩」いつもご応募ありがとうございます!

・石畑由紀子さん
 文芸誌『狼』で読ませていただいています。とてもいい短歌です。

・木下奏さん
 中庭文庫にて第三詩集『display』委託販売させていただいております。

・中島真悠子さん
 詩「砂の女」母への想いと、時の不思議を思わせる詩でした。

・森岡美喜さん
 いつもお世話になっちょります。ねーさん(笑)。
 東急セミナーBE「詩を書く・詩を読む ~現代詩の広場~」のお仲間。
 受講していた頃は楽しかったなぁ。 
 詩「飛蚊症タラップ」面白い~。

・望月ゆきさん
 わーい、お久しぶりです。
 望月さんの詩を読めて嬉しかったー。

・落合朱美さん
 お久しぶりです~。
 秩父の「ポエトリーカフェ武甲書店」さんにはお世話になっております。
 また行きたいなぁ。

・はんなさん
 はんなさんの詩、とっても好きです。

・今鹿仙さん
 文芸誌『狼』で読ませていただいています。

・石川厚志さん
 先日、中庭へお越しくださいましたー。
 第二詩集『が ないからだ』が埼玉文芸賞準賞受賞。おめでとうございます!
 写真集『てるてるはるひ 父さん晴日を撮る。』出版。
 DMとチラシをいただいたけれど、すごくいい写真です。

・高岡力さん
 面白い感覚の詩でした。

・加藤思何理さん
 神話のような興味深い作品でした。
 詩集『孵化せよ、光』は中庭文庫にもありまーす。

・ダーザインさん
 文芸誌『狼』で読ませていただいています。
 いつもいい詩だなぁ。

・光冨いくやさん
 いつもお世話になっております。またお会いしたい~。
 連作の「砂と太陽。」はまた不思議な空気感。次の展開が気になります(笑)。

・井嶋りゅうさん
 詩「色を塗る」
 (夜の爪に色を塗る)女性の心象がとても良かった。

・広田修さん
 批評「岩尾忍詩集『箱』小論」
 詩を書くときの意識と、統御されていない身体という関係が興味深い論考でした。

文芸誌『狼』はいつも表紙が素敵です。
今回は表・表紙画/志久浩介さん、
裏・表紙写真/森岡美喜さん。おー!美喜ねーの写真っ☆
スポンサーサイト

中庭ムジカ ~nakaniwa-musica~ | トップページへ戻る | 『Love Songs vol.3 ― X'mas の奇跡』

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。