トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  中庭の休日  >  西尾勝彦さんの詩と写真展『言の森、言の箱』へ。

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の詩は、西尾勝彦さんの「言の森」 | トップページへ戻る | 『谷修 × 中庭ノ空 ~谷修「生」JUKE BOX!』

このページのトップに戻る

西尾勝彦さんの詩と写真展『言の森、言の箱』へ。

2012年03月13日

今日は、中庭文庫で詩集の委託販売をさせていただいている、
西尾勝彦さんの詩と写真展『言の森、言の箱』に行ってきました。

十条にある cafe gallery「リトルコ」さんへ。

20120313_01.jpg

静かでとっても落ち着く空間でした。

詩と写真展は

壁に奈良の写真がとめられて・・
まるで奈良の時間や風景が切り取られてひっそりと東京のカフェに繋ぎ止められた感じ、いや・・写真を覗きこむと奈良まちに繋がっている感じかな。。

そうして、詩がプリントされたA4サイズの紙がまるで葉のように天井から吊り下げられて、カフェの空調やライトに照らされた温度の変化や人の動く微かな微かな風に揺れていて・・「言の森」にいるようでした。そしてこの縦に長い長方形のカフェ空間は「言の箱」のようです。


私は、「言の箱」の中で、苦めの美味しい珈琲とココナッツバナナケーキをいただきながら、かすかな かすかな風にゆれている「言の森」を眺めて。奈良の森にも繋がりそうな小さな四角い扉の向こうを想像しながら、しずかなひと時が流れてゆくのを楽しみました。

20120313_03.jpg



リトルコさんを後にして、母校の大学へ足をのばしてきました。
卒業してから十●年。新しく造られた十条門から、中にそっと入っていくと、
新築・改築された校舎と、変わらない校舎と、小さな森と、懐かしい風に吹かれながら夕暮れのキャンパスを歩いてきました。
あの頃の私と今の私と、人生の道はどこへ続いていくのかな。
とても不思議でとても楽しみな道のりです。
スポンサーサイト

今日の詩は、西尾勝彦さんの「言の森」 | トップページへ戻る | 『谷修 × 中庭ノ空 ~谷修「生」JUKE BOX!』

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。