トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  詩/詩集/詩誌  >  蒼井光海さんの詩集『星の向こうより吹く風』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菱刈俊作展「まなざしの庭で」@ギャラリー 水・土・木 | トップページへ戻る | 牛尾洋介さんの詩集『アパートから』

このページのトップに戻る

蒼井光海さんの詩集『星の向こうより吹く風』

2012年05月03日

蒼井光海さんの詩集『星の向こうより吹く風』が、中庭文庫の委託販売詩集に仲間入りしました。

とても心の癒される詩集です。
生きることの喜びや幸せは、ささやかな日常にかくれんぼしているのでしょう。
蒼井さんのまなざしは、光や風や花や虫や小鳥や目には見えないものたちのから、それらを見つけ出し感じ取り、言葉を紡がれています。

どうぞ中庭文庫よりお手に取ってご覧ください。

詩集『星の向こうより吹く風』(日本文学館)より、2篇ご紹介します。


 「花の天命」

          蒼井光海

野に咲く 花々は
どの花も
想いとぎれることなく
日々と命がかさなって
姿を咲かせているのだろう

咲き続けることが
花の天命
光とつながり
風とつながり
土とつながり
立ちどまる
人の心とつながる

野に咲く 花々の
命の声が聴こえるようだ




 「思いやりのバトン」

          蒼井光海

リレーでバトンをつなげるように
他の人へ思いやりが
つながってゆけば
きっと
世界は変わるだろう

私から、あなたへ
あなたから、世界へ

それでも
思いやりのバトンは
見返りという風に、
たたき落とされることがある
愛されたいという独占欲で
つなげることを
拒否されることがある

けれども、愚直に
バトンをつなげる人がいる
だから人はもう一度
生きてみようと思う
やり直してみようと思う

バトンは、闇の中の光になる
愚直にバトンをつなげる人は
きっと
天使と呼ばれるだろう




ブログ「蒼井光海、虹色の秒針
スポンサーサイト

菱刈俊作展「まなざしの庭で」@ギャラリー 水・土・木 | トップページへ戻る | 牛尾洋介さんの詩集『アパートから』

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。