トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  中庭イベント  >  山口タオ 朗読ライブ『20世紀の贈り物』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『空そら ☆さら 展てん』開催中!9/16(月)~29(日)@中庭ギャラリー | トップページへ戻る | 山口タオさんの自作童話読み語り@『ことわざおじさんで書』ユーモア書展

このページのトップに戻る

山口タオ 朗読ライブ『20世紀の贈り物』

2013年09月03日

9/1(日)は、山口タオさんの朗読ライブ『20世紀の贈り物』でした。

中庭ギャラリーにて、8/28(水)~9/2(月)開催、
『ことわざおじさんで書』ユーモア書展 山口タオ × 田丸芳枝

会期中イベントとして、地元の読者限定の感謝ライブをしてくださいました。

20130901_01_S.jpg

初めに、自作のショートショートを朗読。
「星新一ショートショートコンテスト」最優秀作受賞の作品や、その他いくつかの作品を読んでくださいました。

ショートショートって、実はすごく面白いものなのだなぁーと新発見でした。
お話の面白さに心を奪われていると、最後の一行でオチがついて、「え!?そうくるの??」という驚きと共に、今までのストーリー展開が頭の中で巻き戻されて、「あぁーー、」とまたそのお話が味わい深く、頭から心の中に浸透してくる感じでした。

20130901_02_S.jpg

タオさんは、ショートショート作品から、いろいろと経て、童話作家へと移られたそうですが、童話作品にもこのストーリー展開の面白さが効いていて、大人が読んでも引き込まれます。またふとしたところに大切なメッセージが隠されていて、読んだ後に味わい深い余韻のある素敵な童話でした。
会期中に、タオさんの著書を読ませていただき、『のらねこソクラテス』シリーズは、大好きになりました!(^^)v

タオさんは、童話でもなんでも、本を読むというのは、「想像力」が大切だと仰っていました。どれだけその本を味わえるかは「想像力」なんですよね。


朗読ライブの後半は、
『このすばらしい世界』―ロバが語った宇宙飛行士の話―
(山口タオ 文/葉祥明 絵)を朗読してくださいました。

WonderfulWorld.jpg

これこそが、「20世紀の贈り物」です。

このお話は、初めて宇宙飛行をした、ユーリイ・A・ガガーリンをモデルに創作されています。ガガーリンが人類初めて地球の外へ飛び出し、宇宙から地球を見たのは、1961年。たった50年前のことなのですね。

地上に生還した宇宙飛行士は、農場近くの牧草に降り立ちます。ロバはその場面に出くわします。その宇宙飛行士と交わしたやり取りを、20世紀が終ろうとする年、中央アジアのはてしない草原を旅していた僕に語ってくれたという設定です。

宇宙飛行士は言います。

「 ― 地球は青かったんだ」

とてもうれしそうに宇宙飛行士は・・

「いまにも大笑いしそうだよ。青い宝石みたいな星の上で暮しているのを、いままでだれもしらなかったんだから。……もう宝石を奪い合うこともなくなるだろう」

「あの青い光は20世紀最高の贈りものだ」

と言う。

私は、ちょっと、立ち止まってしまいました。
未だに、宝石を奪い合っているじゃない?人間は何をやっているのだろう。。

それから、この宇宙飛行士は、

しかし・・・

「どうして地球は青かったんだ?」

「……どうして地球はあんなにも青く、美しいのか」

と、疑問を投げかけます。


地球は青く美しい。そのことに、その本当の意味に、もう一度立ち止まり、私たちは自分自身の中に、その答えを見つけないといけないのだろうな・・と思いました。
この本は、地球の再発見と、私たち自身をもう一度見つめなおすチャンスを与えてくれます。

葉祥明さんの絵も、とても素敵です。
美しい地球。私たちは、こんなにも美しい星に暮していることを、しみじみと感じさせられる絵です。


今日も空が青く、青く青く澄み、白い入道雲が陽光に照らされて、とても美しかった。
とても、美しかった。

私は思う。
全人類が「この青い宝石みたいな地球を守るため」という共通意識を持てば、もうどんな利害関係も消えてしまうのに。。
あらゆる社会問題は、この共通認識を軸にすれば、何をすべきか、おのずと見えてくるだろうに。。

何故未だに、私たちは、自分の、ただ個人の、一生の安泰だけを考えて生活しているのだろう。(それも大切なのだけれど。。)

今ここに生きていること。
それは、この先のずっとずっと・・地球が続く限り未来の、その一つの過程を担っているのだから、私たちはみんな、自分が何を成すために生きているのか、もっと意識できるようになるといいなぁと思いました。


タオさんから、「20世紀最高の贈りもの」に気づかせてもらった、素敵な朗読ライブでした。
ありがとうございました(*^^)♪
スポンサーサイト

『空そら ☆さら 展てん』開催中!9/16(月)~29(日)@中庭ギャラリー | トップページへ戻る | 山口タオさんの自作童話読み語り@『ことわざおじさんで書』ユーモア書展

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。