トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  中庭のん 詩  >  sanoコラボ 詩『いつかの約束』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sanoコラボ 詩『光の回廊』 | トップページへ戻る | sanoコラボ 詩『異星人』

このページのトップに戻る

sanoコラボ 詩『いつかの約束』

2014年09月28日

写真 尾崎さと子
1411886222519.jpg
(3枚の組写真より詩作)

 「 いつかの約束 」

          五十嵐倫子

エナメルの黒い靴を
コツコツコツコツ・・・
コンコースに響かせて
歩いてゆく
秋から冬の入り口に
赤 黄 橙 白 黒 緑・・・
織りこまれたチェックのスカートをゆらす
お気に入りのウールのスカートは
なつかしいにおいがして
幼いころ
おばあさんのひざもとで
包んでくれたストールに似ている
かすかな記憶もゆれる
靴音は冷たく響いてゆく
詰めこんだ鞄の
キカクショやプレゼンシリョウや
終らせた恋たちのスクラップは
バインダーにはさまれて
肩にぶらさがりゆれて
夕闇の街中へ
いつもの信号を渡ると
ショーウィンドウには
橙 白 黒 黄 淡いピンクの・・・
巻かれた糸がならんでいて
きっとふれたなら 指先に暖かいのだろう
糸はほどかれて 巻きとられた
いつかの約束を記憶している
私はふんわりなつかしいにおいのする
あたたかい温もりを思い出せない
ぬくもりなどあっただろうか
織りこまれたウールのスカートをゆらして
ホットミルクにハチミツを入れて飲みたくなるような気分を抱えて
帰りつく前に立ち寄るカフェでは
いつものカプチーノではなくて
キャラメルマキアートをたのんでみる
まきとられて まかれてゆく
ミルクのうずまきをたどり
淡いぼんぼりの
橙の花の
マリーゴールドの咲く花畑の
はじめてキスをした
あのおぼろな記憶へ
ひもとかれて
帰りたい
いつかの約束へと――


彼はまだそこで待っているよ。


尾崎さと子 携帯写真展『遠い日の記憶』
2014.9.22(月)~27(土) @ギャラリー悠玄(銀座)にて。
スポンサーサイト

sanoコラボ 詩『光の回廊』 | トップページへ戻る | sanoコラボ 詩『異星人』

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。