トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  今日の詩  >  今日の詩 「独り占め」「待つ」

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩も、中庭も、ひと時の帰る場所なのです。 | トップページへ戻る | 木楽市@中村橋 松本倉庫 & 中庭チャリティー営業

このページのトップに戻る

今日の詩 「独り占め」「待つ」

2011年04月12日

詩集『フタを開ける』(西尾勝彦 著/書肆山田)を読了。
詩を書くこと、言葉を探すこと、文字についての詩などもあって、とても面白く読みました。過去を振り返った詩などもしみじみ読みました。とてもいい詩集でした。
その中から、二篇ほどお届けします。とても素敵な詩です。


詩集『フタを開ける』(西尾勝彦 著/書肆山田)より2篇



「 独り占め 」
           西尾勝彦

家に帰ると
九歳の息子が
とうちゃん四ツ葉のクローバーみつけたで と言ってきた
あわてて見に行くと
水たまりに
四ツ葉のクローバーが
挿してあった
しかも 五つもだ
驚いて
どこで見つけたんや と訊くと
自慢げに
庭の
とあるクローバー群生地へ
案内してくれた
私も四ツ葉を必死に探したが
一つも見つからない
残念だったので
幸せを独り占めしたらあかんで と言うと
息子は
うん と返事をした


----------------------------------

「 待つ 」
           西尾勝彦

自分を
待つことが
できるようになった
以前なら
未熟な自分に
焦りがあった
できないことは悔しく
隠したいことだった
でも
ようやく
今日できないことは明日
今年できないことは来年
それも無理なら十年後の
自分を待とうと
思えるようになった
じっくり
時間をかけないと
できないこともある
そんなことが分かってきたのだ
だから
自分を
待っている
はるばる
やって来る自分を
待っているんだ


◇◆◇------------------------------

私も"とうちゃん"と同じで四ツ葉のクローバーを探すのは苦手。でも探すのが上手な友人もいます。どうして見つかるの?と訊くと、「あると思えば見つかるよ」と言われました。うーーーん、見つからないのはちょっと悔しくて残念なんですよね。だからって、幸せになれないという訳じゃないんだろうけど(苦笑)。

「自分を待つ」ってすごいな。でもその通りなのだと思います。色んな過程を経て、気がつくと出来るようになっていることもあるのです。だからいま苦しんでいる人がいたら・・、どうか焦らないで下さい。全ての行いは、ちゃんとどこかへ繋がっています。
スポンサーサイト

詩も、中庭も、ひと時の帰る場所なのです。 | トップページへ戻る | 木楽市@中村橋 松本倉庫 & 中庭チャリティー営業

このページのトップに戻る

コメント

いつぞやは、「羽根」を今日の詩に取り上げてくださってありがとうございます♪
実は、これだけ長く生きているのに、わたし、四葉のクローバー、いまだに探せず。根性がないのか・・と、ときどき悩みます。
わたしも、じっくり「自分をまつ」を心に染み込ませたいです。
お元気で♪

> KO.KO.DAYS さん
コメントありがとうございます!
私も四つ葉のクローバー見つけた
ためしがないです。f(^^;;)

じっくり、自分を待ちましょう(笑)
着実にステップアップしているから大丈夫☆
「はるばるやってくる自分」が楽しみですね。
お元気で~♪

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。