トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  中庭イベント  >  「アフタヌーンティー朗読会 vol.2」のレポート

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日の詩」は金子みすゞ の詩をお届けします。 | トップページへ戻る | 今日の詩「窓のはなし」

このページのトップに戻る

「アフタヌーンティー朗読会 vol.2」のレポート

2011年04月22日

昨日は「アフタヌーンティー朗読会 vol.2」でした。
たくさんの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

初めましての方や、朗読会デビューの方などもいらして、
とても嬉しかったです。素晴らしいひと時でした。


司会進行 銀猫さん
1104210009.jpg
いつもありがとうございます。
今日の衣装も決まってますねー♪ 案内人の衣装なのかな?


最初に私も朗読させていただきました。
第二詩集『色トリドリの夜』から「問いかけたい」と、
中庭で“今日の詩”と題してお届けしている、本日の“今日の詩”。
詩集『キャベツのくに』(鈴木正枝 著/ふらんす堂)より「窓のはなし」(ブログにも更新)

えーと、トークメモ・・・(こんな感じで話そうとメモしてましたの(笑))
☆鈴木正枝さんの詩「窓のはなし」について
その人の持っている窓によって、空にも大きさがある・・・という発想は新鮮でびっくりしました。窓は外と内との境界線。窓は外と内との出入り口。皆それぞれの大きさを持っていて、そうして生きていて、それでいいのだと思いました。電車の中では、皆に同じ大きさの窓ですね。ひと時、その子と私が窓の内側を共有していて良いなと思いました。
でもね。空も空です。皆の頭上には等しく空が広がっているとも思います。

☆中庭ノ「空」について
お店の名前を考えていた時(2008年のことですが)"心のどこかに置き忘れてきた空を見上げることのできる場所"をイメージしたら、そこは中庭だというイメージが浮かんできて、「中庭ノ空」という店名ができました。中庭では、お客様それぞれのどこか懐かしい風景を感じてもらえたら嬉しいです。
それを中庭から見上げた空の記憶としたら・・、天井が空で、この客席は中庭です。
きっとそれぞれに空の大きさがあって、それぞれに中庭の大きさがあることでしょう。でもここは、中庭と空は同じ大きさの窓の内に守られています。どうぞごゆっくり、ひと時の帰る場所として過ごしていただけたら嬉しいです。今日の朗読会では皆が同じ角度に揺れながら、同じ方向へ運ばれてゆきましょうか・・。どうぞみんなで楽しいひと時を過ごしましょう。
(ちょっとクサイかな f^^;;)

青条美羽さん
1104210008.jpg
初参加ありがとうございます。
「雑司ヶ谷下水道水難事件」「電線上のハクビシン」を中庭文庫に寄贈いただいています。散文や短歌が面白いです。今後とも宜しくお願いします。


榎本櫻湖さん
1104210010.jpg
現代詩手帖の新人賞、おめでとうございます!
詩誌「創刊号 おもちゃ箱の午後」を置かせていただいています。Take Free !


ぬくみりゑさん

いつも中庭に来てくれてありがとうございます。
ぬくみさんの声いいですねー。
今度発売の 不可思議/wonderboy さんの朗読CDに声の出演されているそうです。

あおばさん
1104210012.jpg
何が出てくるのかな?

1104210013.jpg
お手製のラジオでした!!

1104210014.jpg
ラジオ放送をBGMに朗読してくださいました(^^)


カニエ・ナハさん

ユリイカの新人賞、おめでとうございます!
アフリカの民族楽器、カリンバを弾きながらの朗読でした。
とても素敵でしたー。


どぶねずみ男さん
1104210015.jpg
昨日の巨人阪神戦に怒っていました。

1104210016.jpg
いつもながら・・・3秒ネタとか面白かったです。
櫻湖さん、大ウケ。私もだけど・・(笑)

上田麻衣子さん
1104210018.jpg
初参加ありがとうございます。
東田直樹さんの雪だるまの詩は心に沁みました。
麻衣子さんは中庭のご近所にお住まいの、作曲家でピアニストでいらっしゃいます。このようなオープンマイクの朗読会は初めてとのことで、ご参加いただきとても嬉しかったです。

【告知】
5月15日(日)、22日(日)にコンサートを開かれます。
詳細はこちらのブログ コンサート 『光の記憶』 をご参照ください。

かとうゆかさん
1104210021.jpg
夢のお話。ホントに不思議な夢を見られますね~。

【告知】
『生ける詩人の会』
5月1日(日) ArtistSpace千石空房 http://sengokukubo.com/
インターネットでも生中継!


石橋美紀さん
1104210023.jpg
被災地の日光へボランティアに行かれたお話し、胸に迫りました。
住居の泥掬いをして、1回に片付けられるのは少しだけれど、一つのお家が片付いて一人の人が元気になると、その人が隣の家を片付けて隣の人が元気になる。そうして元気がリレーされてゆくというお話は胸を打たれました。


葛原りょうさん
1104210026.jpg
1104210028.jpg
いつもありがとうございます。
「鉱石」の詩が良かったです。
“はじめ わたしは愛だった / はじめ わたしは歌だった”
“打つ くあん  と鳴って”というのが胸に響いて・・・

上田麻衣子さんの“光の記憶”に重なるものを感じました。麻衣子さんにコンサートのタイトルである“光の記憶”について、原始の・・愛に満ち溢れていた光の記憶なのだと伺っていたのです。何だかその感じと共通するものがあるなぁと思いながら聴いていました。
そして今日(朗読会の翌日)、麻衣子さんが中庭に来てくださって朗読会の時の話を色々とさせていただいて、りょうさんの「ムジカマジカ <四>」のライブCDから「鉱石」をもう一度聴きました。麻衣子さんに感じたことをお話したら、その通りなんですと仰ってくれて、なんだか嬉しくなりました。

【告知】
『ムジカマジカ <八>』
5月25日(水)開場18:45 開演19:30
吉祥寺 曼荼羅にて

銀猫さん
1104210029.jpg
被災者へ向けての「ファミリー」はじーんときました。
最後に一本締めで締めてくれました。
いつもありがとうございます。今後ともよろしくデス~。(^^)


さて、「アフタヌーンティー朗読会」としての開催は今回で最後となります。
次回以降は、アフタヌーンティーの共催・司会進行を勤めてくださっている銀猫さんが主宰の朗読会「 SHARPA (シェルパ) 」へ引き継ぎます。
どうぞ宜しくお願いします。

そして vol.1 vol.2 と、東日本大震災の義援金募金、銀猫さんのお手製冊子「猫言」の売上を合わせて 5,800円を、日本赤十字社へ義援金として寄付させていただきます。皆様の温かい善意をありがとうございました。

あ、そうだ!
義援金募金の中に、昭和39年の東京オリンピック記念コインが入っていたのだけれど・・・いいの!?
スポンサーサイト

「今日の詩」は金子みすゞ の詩をお届けします。 | トップページへ戻る | 今日の詩「窓のはなし」

このページのトップに戻る

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

【ご報告】アフタヌーンティー朗読会Vol.2(4・21)に行ってきました

 江古田のPoem&Galleryカフェ「中庭ノ空」さんで開催された朗読会、アフタヌーンティ朗読会Vol.2(11・4・21)に参加して来ました。当日は色んな方がそれぞれに作品を発表され、また出版社の取材なども来てい...
水色の羽根作戦: 2011年04月23日

このページのトップに戻る

プロフィール

nakaniwanosora

Author:nakaniwanosora
中庭ノ空オーナー のん です。プロフィール詳細
第一期 『Poem & Gallery Cafe 中庭ノ空』を経て。2015年2月より、第二期『曜日替わりカフェ@中庭ノ空』がOPENしました!

◎場所
西武池袋線「江古田駅」南口から徒歩8分、「東長崎駅」南口から徒歩10分(千川通り沿い)
大江戸線「新江古田駅」から徒歩7分 のところにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。